×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水道水 放射能 浄水器TOP >

水道水 放射能 浄水器リンク集◆2

飲料水 買占め

地震発生以後、飲料水の買占めを禁止するお店が増えています。 放射能が水道水に検出されたというニュースの後は、飲料水を買占める報道がかなり多くされていましたね。 放射能に一番、気をつけなければいけないのは、乳幼児や妊娠中の方、それに子供です。 出来るだけそういった若い世代に飲料水が生きわたるように、買占めは止めてほしいと思います。 原発の問題は、長期的になります。

ミネラルウォーター 不足

これから、ミネラルウォーターの不足が長期的に続くと思います。 パッケージのフィルムも不足しているそうですが、これは少しずつ解消されていくでしょう。 けれど、水道水の不安はこれからも、ずっと続きます。 台風や梅雨によって、放射能の拡散は広がりますよね。

ミネラルウォーター 軟水

原発関連のニュースはとても不安ですね。 特に水道水や食べ物から、放射能が検出された時は衝撃的でした。 赤ちゃんのいるお母さんは、特に気を使っていると思います。 ミネラルウォーターも、入荷してはすぐに売り切れてしまう状態です。 ミネラルウォーターでミルクを作るなら、軟水にして下さいね。 日本産のミネラルウォーターは軟水なので、ミルクを作っても大丈夫です。

赤ちゃん 軟水

朝起きると、まず放射能のニュースを確認するようになってしまいました。 小さな赤ちゃんのいるお母さんは、特に不安と不満を抱えていると思います。 ミネラルウォーターでミルクを作っている人は、水の硬度に気をつけて下さいね。 日本の水は軟水です。 海外のミネラルウォーターは硬水がほとんどですので、ミルクを作るのには適していません。 硬水はミネラル成分が豊富に入っています。

乳児用飲料水

この問題はどこまで広がって、どれくらい続くんでしょうか。 放射能が水道水に購入したというニュース以降、ミネラルウォーターは売り切れ状態です。 地震直後は、西日本では水は残っていたのですが、水道水のニュース以降みかけません。 関東方面の乳児のいる家族や友達に送っている人が多いようです。


Copyright © 水道水 放射能 浄水器リンク集2 All rights reserved